--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-17

(13)六代藩主 松平頼真(よりさね)定公

一、生い立ち
 頼真は先代頼恭の長子で、江戸に生まれた。二十九才で父の跡を継ぎ讃岐守に任ぜられた。翌年領内は大風洪水による大被害にあったが、藩士の禄を旧に戻し、民政の復興に力をそそいだので領内に活気がよみがえった。

二、学問の振興
 頼真は、父と同様に学問の振興に力を入れた。苦しい財政の中、中野天満宮の北に、頼常が創建した旧こうどうのに倍する規模で学館を建設し「講道館」と号された。初代総裁の後藤芝山により「大学」が講ぜられる。以後毎月六回経書が講ぜられる。

 頼真は、学問文化に力をそそぎ、父の遺志を受け継いで民政を行ったが、その成果を見ずに三十八才で江戸で死去した。藩主としての期間は、わずか十年であった。

父の跡を受け継ぎ 頑張るぞ!



飛来峰から掬月亭を望む

南湖明月の夜 此に来って好し船を行(や)らん
恍として似たり仙客を挈(たず)え  槎(さ)に乗る雲漢(うんかん)の辺(ほとり)
栗林園二十有詠(青葉士弘)

※槎=いかだ
※偃月橋の向こうに見えるのが、栗林園の顔である仙客を待つ『仙磯の岩』。南湖は、仙磯をあらゆる方向から眺めるとよい。造園者『西島八兵衛』の気持ちが伝わってくる。

六代、松平頼真 生没年:1743-1780
父:讃岐高松藩五代藩主 松平頼恭
幼名:軽千代
1771-1780 讃岐高松藩六代藩主
正室:薫姫(父:紀伊和歌山藩六代藩主 徳川宗直)
側室:中山氏
1775-1829 頼儀






スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

tag : 講道館 後藤芝山 頼真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

6代 松平頼真(1743~1780)
父: 5代藩主 松平頼恭(1711~1771)
母: 清操院 八代姫(細川宣紀女)
幼名: 軽千代
諡号: 定公
院号: 瑞麟院
正室: 永昌院 薫姫(紀伊徳川宗直女)(1744~1785)
側室: 即就院 中山ハナ
長男 頼儀(雄丸)(8代藩主)(1775~1829)
側室: 母追跡中
勝姫(小浜藩主酒井忠進婚約者)
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お洗濯!お洗濯! じゃぶ!じゃぶ!じゃぶ!
最近の記事
四国ブログランキング

FC2ブログランキング

↑ご覧頂いた方は、クリックお願いします。 傘張~ないしょく・ないしょく
カテゴリー
電光掲示板
リンク
忍者~くせ者だ!
歴史ブログ

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
天気予報
最近のコメント
カウンター
ブログ内検索
プロフィール

玉藻よし

Author:玉藻よし
城下町 高松を再発見していこう

お殿様がお正月に、あん餅をくれる。ありがたや。
最近のトラックバック
QRコード
QR
琴平電鉄
琴電がゆく
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
時計
国盗りカウンター
アニメ画像

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。