--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-14

(10)三代藩主 松平頼豊(よりとよ)恵公

一、生い立ち

 松平頼重の孫で、頼重と側室松野の間に生まれた頼侯(五千石)を父に持つ。
 史家の中山城山は頼豊を評して『公のひととなりは、奢侈を好み、力士を養いき、是を以て国用足らず、大いに土民を苦しめたり』としている。

二、華やかな生活 

 松平頼豊は在国中、政治の一切を大老の大久保主計に委ね、主計は徳川頼房の曾孫にあたる人物で頼豊が江戸から帰国した船が高松に着いても出迎えず、政道向きでない藩主に代わり一切を切り回した。

 歴代の藩主は、在国中は城中にいて時に栗林荘に出向いたが、頼豊はほとんど栗林荘に住んだ。掬月亭や総檜造りの奥居間もこの頃の建築で、障子一枚に百両かけたり、牡丹の花を寒さから守るための覆いに三百五十両もの費用をかけたそうです。
 庭園好きの頼豊は、江戸・小石川の水戸徳川家の後楽園の大改修にも従事、後楽園を讃岐風にしている。

三、漁場争いと名代
  
 天領の小豆島、備前の国との大槌島などとの漁場争いもこの頃です。この裁判には大岡越前守も 関わっている。

 また、頼豊は、将軍家の名代として京都に二度上洛している事から公人としては日のあたる場所にいたと思われる。

 ただ、晩年には天変地異・疫病の流行により思うようにはいかなくなる。

世は、栗林荘が大好きじゃ。小石川後楽園も栗林荘風にするぞ


掬月亭(北斗館)二の間より仙磯の岩を望む


湖上清風来る  細雨夜来やむ
此の高楼の中を愛し  座して東山の月を掬(うつ)す

栗林園二十有詠(青葉士弘)


三代、松平頼豊 生没年:1680-1735
父:讃岐高松藩厄介 松平頼侯
義父:讃岐高松藩二代藩主 松平頼常
幼名:軽千代
1704-1735 讃岐高松藩三代藩主
1716 従四位上権中将
正室:(父:大納言 正親町実豊)
側室:湯浅氏
1705-1730 徳川宗堯(水戸徳川家へ)
頼治


清玉尼
春姫(讃岐高松藩四代藩主 松平頼桓室)
娘(樋口基康室)
友姫(陸奥会津藩四代藩主 松平容貞室)


1720-1739 (養子)頼桓
松平頼芳
父:讃岐高松藩初代藩主 松平頼重
帯刀
妻:
頼熙
松平頼熙
父:松平頼芳
志摩
厄介
側室:佐野氏
1720-1739 頼恒
1721-1780 蜂須賀宗鎮(蜂須賀氏へ)
側室:渡辺氏
1737-1754 蜂須賀至央(蜂須賀氏へ)

スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

tag : 中山城山 大久保主計 栗林荘 大岡越前守 漁場争い 松平頼豊

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

3代 松平頼豊(1680~1735)
父: 初代藩主英公五男 松平頼侯
母: 樋口氏
幼名: 軽千代
諡号: 恵公
院号: 高林院
正室: 栴檀院 豊姫(正親町実豊女)
側室: 覚了院 湯浅氏
長男 宗堯(軽麻呂)(常陸水戸藩4代藩主)(1705~1730)
側室: 母追跡中
頼治(万次郎)(華徳院)(? ~1730)
門三郎
永之助
八十姫(姫路藩主榊原政祐婚約者/久我通兄室)
春姫(春光院)(4代藩主松平頼恒室)
友姫(登茂姫、正覚院)(陸奥会津藩主松平容貞室)(1722~1746)
姫路藩主榊原政祐婚約者
近衛内前婚約者
福山藩主阿部正右婚約者
弁姫(樋口基康室)
愛姫(大久保公敦室)
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お洗濯!お洗濯! じゃぶ!じゃぶ!じゃぶ!
最近の記事
四国ブログランキング

FC2ブログランキング

↑ご覧頂いた方は、クリックお願いします。 傘張~ないしょく・ないしょく
カテゴリー
電光掲示板
リンク
忍者~くせ者だ!
歴史ブログ

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
天気予報
最近のコメント
カウンター
ブログ内検索
プロフィール

玉藻よし

Author:玉藻よし
城下町 高松を再発見していこう

お殿様がお正月に、あん餅をくれる。ありがたや。
最近のトラックバック
QRコード
QR
琴平電鉄
琴電がゆく
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
時計
国盗りカウンター
アニメ画像

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。