--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-22

(24)初代 生駒親正

 生駒藩の初代は生駒親正である。雅楽頭(うたのかみ)と呼ばれた。
 
 大永6年(1526年)生駒親重の子として美濃の土田(どた)で生まれる。幼名甚介、のちに正成・近世・近規・近親・親正と名を改めた。永禄9年(1566年)頃より父親重と同じく信長に仕えたという。

 元亀元年(1570年)、信長は越前の朝倉義景を攻めた際に、同盟していた浅井長政が突然離反し、越前金ヶ崎城で進退に窮した。この時に殿軍を引き受けた秀吉に、信長は勇士5人を付与した。その中に生駒親正の名も見える。

 これ以降、親正は秀吉とともに行動し、天正3年(1575年)の長篠の戦、天正4年(1576年)の本願寺攻撃、天正5年(1577年)の紀伊雑賀攻めに加わり軍功を挙げ、同年よりの中国征伐にも従った。

 本能寺の変以後も、山崎合戦、賤ヶ岳の戦、小牧・長久手の戦、小田原攻めにも参陣した。この間、天正13年(1585年)に近江高島郡に二万三千五百石を与えられ、翌天正十四年、伊勢の神戸四万石から播州赤穂六万石に移封された。翌十五年に讃岐一国を賜り、いったん引田城に入った。ここでは便利が悪いので、宇多津の聖通寺城に引っ越した。先任の仙石権兵衛が居城とした山城である。ここも山の上であるうえ、讃岐の中央より西に偏していた。そこで天正十六年、香川郡箆原郷(野原庄)に新城を築き、ここに移った。

 これが、高松城。しかし、西讃岐のことが気にかかるので、亀山に支城を築いた。丸亀城である。高松・丸亀両市にとって開創の先覚者である。

 豊臣政権のおり、五大老五奉行の調整役として三中老の筆頭を務めた。

 関ヶ原の役に、生駒親正は西軍の石田光成に味方した。子の左近一正は数十騎(1830名)を従えて東軍の徳川家康に従った。父子が、東西に分かれたのは、真田昌幸・信幸とこの生駒家の両家である。父はともに智謀の人であった。

親正は、慶長8年(1603年)に高松城にて亡くなりました。69歳でした。息子の一正は父の菩提を弔うため、高松城下浜ノ丁に弘憲寺を建立、境内に葬りました。今も弘憲寺には生駒親正夫妻墓所が残ります。

                                         (讃岐歴史散歩より)

三中老
生駒親正(讃岐高松18万石)
堀尾吉晴(遠江浜松12万石)
中村一氏(駿河府中14万石)

五大老
徳川家康(関東256万石)
前田利家(北陸地方・加賀83万石)
毛利輝元(中国地方・吉備西半・安芸120万石)
宇喜多秀家(中国地方・吉備東半57万石)
上杉景勝(会津120万石)

五奉行
主に司法担当 – 浅野長政(筆頭・甲斐甲府22万石)
主に行政担当 – 石田三成(近江佐和山19万石)
主に土木担当 – 増田長盛(大和郡山22万石)
主に財政担当 – 長束正家(近江水口5万石)
主に宗教担当 – 前田玄以(丹波亀岡5万石)
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島
ジャンル : 地域情報

tag : 生駒親正 三中老 五大老 五奉行 高松城 丸亀城 弘憲寺 上杉景勝

2009-09-22

(25)二代 生駒一正

 弘治元年(1555年)美濃の土田(どた)で生駒親正の子として生まれる。父親正は織田信長のちに豊臣秀吉に仕えた。
 一正も父親正とともに信長次いで秀吉に属し、天正5年(1577年)に紀伊雑賀攻めに参陣した。

 その後も親正のもとにあり、親子で秀吉に臣従して山崎の戦、賤ヶ岳の戦、小牧・長久手の戦、小田原攻めに参陣し、天正19年(1591年)には従五位下讃岐守を授けられた。

 文禄元年(1592年)に始まった文禄の役では親正親子は朝鮮に渡海した。また、慶長の役では一正が蜂須賀家政・脇坂安治らとともに7番隊として2千7百の兵とともに海を渡り、蔚山城攻防戦に参加した。

 慶長5年(1600年)の会津上杉討伐には病気と称し在国した親正に変わり、1千7百あまりの兵を率いて参陣、この時息子正俊を伴ったと伝わっている。

 生駒一正はどもりであったと伝わる。

 関ヶ原の戦いで、西軍石田光成の家老で勇名高い島左近らが一文字に突っ込み、金森長近・田中吉政両軍が退きかけた。一正は、どもりながらも采配を振るい、大いに働いて猛将島左近を退却させたと『廃乱記』にある。後に、その戦功は高く評価された。

 一正は、軍功に代えても・・・・・と父である生駒親正の助命を嘆願した。徳川家康は承知し、讃岐一国を安堵させた。親正は、敗れて高野山に登り頭を丸めた。法号は弘憲。許されても山を下りず、ここで没した。
 
 父の親正は、秀吉の三中老の一人を務めた智将であった。子の一正の為、大事をとって下山しなかったと伝わる。                
                                           (讃岐歴史散歩より)

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島
ジャンル : 地域情報

tag : 生駒一正 島左近 石田光成 徳川家康 生駒親正 三中老

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お洗濯!お洗濯! じゃぶ!じゃぶ!じゃぶ!
最近の記事
四国ブログランキング

FC2ブログランキング

↑ご覧頂いた方は、クリックお願いします。 傘張~ないしょく・ないしょく
カテゴリー
電光掲示板
リンク
忍者~くせ者だ!
歴史ブログ

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
天気予報
最近のコメント
カウンター
ブログ内検索
プロフィール

玉藻よし

Author:玉藻よし
城下町 高松を再発見していこう

お殿様がお正月に、あん餅をくれる。ありがたや。
最近のトラックバック
QRコード
QR
琴平電鉄
琴電がゆく
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
時計
国盗りカウンター
アニメ画像

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。